壁を乗り越える方法

 毎日とか毎回、練習するたびに心を込めて練習していたら上手くなると思いませんか?

技術は後からついてくるものです。

気持ちがあるから、集中して練習するし、その結果上手くなります。

ある程度弾ける様になってくると、そこからの上達って目に見えて、ってわけでは無くなります。

壁って言われるものが出て来ます。

「俺、下手なのかな〜、才能ないのかな〜」

なんてね。

そんな時って、気持ちが弱くなっていたりします。

私の場合も、思い返すとそうだった様に思います。

初めた時はとにかく音を出すのが楽しくって、ずっとずっと弾いていたかった。

そんな気持ちをいつしか忘れてしまう。

そうなると、惰性で習慣でなんとな〜くギターを弾いてしまう。

そう言う自分の状態に気がつかずに

「なんで上手くならないんだろう?」

なんて思ったりして。

思い返せば初めは全然、弾けなかった。

それでも一生懸命にギターを弾いていた。

弾きたい一心で自然と練習に熱が入り、気持ちが入った。

だから少しずつ、弾ける様になった。

 

私たちにとって大事なのはどれだけ弾ける様になっても、一音一音心を込めて弾くって事だと思います。

気持ちがなければ単なるロボットと変わらない。

いくら技術的に上達しても、と言うか上達すればするほど真剣に弾かないとそこから上は目指せないってのが実感ですけど、正直言うと。

これは精神論じゃない。

ただ根性で弾けばギターが、楽器が上手くなる、って言う話じゃない。

ちゃんと頭でも考えて、練習する。

時に演奏を止めてちゃんと考えるのは、気持ちがあるから。

その事を疎かにするのであれば、楽器なんて演奏しない方がマシかもしれません。他の楽しいことに時間を使った方が、ね。

 

 今日は心を込めて弾くことの大切さについて書きました。

私も常にその事を意識する様に心がけています。

それでは、また。

 

「日々、音楽」タダヒロでした。