「音楽は金にならない?」~音楽を仕事にしたい人へ~

 「音楽は金にならない」と言うような事を言う人がいます。

そう思っている人がいます。

そう言う人は、音楽で稼ぐことはまず無理でしょう。

 

はっきり言うと音楽でもなんでも、稼げる能力のある人は稼げると思います。

一つ言えるのは単に楽器が上手に弾ける能力と、そう言った技術や特技などをお金に結びつけていく能力はちょっと違うと言う事です。

あなたが音楽で収入を得るために、あなたは必ずしも楽器演奏に於いて世界で指折りの名プレイヤーである必要はありません。

これはあくまで一つの具体例として挙げますが、もしあなたが人をたくさん呼ぶ事ができればそこには色々な稼げる可能性が生まれます。

人は喉が乾けば潤したいと思うし、お腹が空けば何かを食べたくなります。

その人たちのニーズを満たせば、対価としてお金を支払ってもらえます。

音楽で人を集められます、となったら、あとは飲食店の人と協力するなり、自分で販売のシステムを作るなりすれば良いわけです。

 

大事なのは音楽で収入を得ていくためのそう言った観点を持てるかどうか、と言うことだと思います。

もちろん、持たなくても楽器の演奏はできます。

ですが、ライブのチケットを売って収入を得るにしてもなんにしても、お金が回るシステムがあり、そしてその中であなたが機能しなければ収入は得られません。そのシステムの中でなんらかの機能を果たせる人間が言うなればプロと言う事でしょう。(プロというのがその限りかどうかはここでは別とします。)

そう言った観点を持たない人でも機能する事ができます。ですがマネージャーなり家族なりの協力は不可欠になるでしょう。

そのような協力者が居れば演奏家は演奏活動だけをして収入を得る事ができます。ですが、誰かしらがそのような活動をしない限りは音楽は収入には結びつきません。

また、協力者たちにも生活があり、生きていく上では当然、お金が必要です。

そう言った事を全部ひっくるめて、

「音楽は金にならない」

なんて事は無いです。

 

音楽を仕事にしたい人は世の中を大きな視点で見るようにしてみてください。

今日は音楽関係の仕事をしたい人に向けて書きました。

 

「日々、音楽」タダヒロでした。