スピーカーケーブルとギターケーブルの違い

 今日はケーブルについてです。

ギターアンプとキャビネットをつなぐスピーカーケーブルには様々なものがあります。

で、ですね、市販されているスピーカーケーブルのほとんどはシールドされていないです。

それはどういうことかというと電磁波などにさらされるとノイズが乗りやすいということです。

当スタジオでは、シールドされていないスピーカーケーブルを使っています。

今のところ問題ありません。

アンプとキャビの間を繋ぐだけですから、短いので影響を受けないのでしょう。

ですがアンプとキャビの距離が長くなるとおそらく問題が出るんだと思います。

で、です。乗るとすればジーってノイズです。

で、足元に置くギターアンプを購入した人がいて、それでシールドされたスピーカーケーブルが欲しいとのこと。

構造的にはギターケーブルとシールドされたスピーカーケーブルは同じです。

違いは線の太さです。

ギターからアンプまでの電気って大したことありません。

だって、弦の振動をピックアップで拾ってるだけですから。

アンプはと言ったら、コンセントから電気を引っ張ってくるわけですからキャビにもそれなりの量の電気が流れるわけです。

と云うわけで、太い線が必要になります。

今回はギターケーブルとシールドされたスピーカーケーブルの違いについてでした。

では、また。